横浜のフットケア & 横浜のフットケア スクール
 

横浜のフットケア専門店 & 横浜のフットケアスクール メディカルフットケア 天使のつめきり

 

施術法について

肥厚爪

 
足の爪が3mm以上肥厚すると爪の役割が出来なくなり、身体の重心が後ろに傾き、そのために上体を前かがみにしてバランスを取るようになります。また、けりや踏ん張りが弱くなり腱、靭帯、足の裏の筋も衰える原因になります。靴下や靴を履くのに圧迫されたりするので、血行が悪くなって角質がたまり、益々盛り上がってきます。出っぱった爪を引っ掛けて剥がれ落ちることもあります。
 
<施術法>
肥厚の原因を探り、グラインダーで厚くなっている部分を削り健康な爪の形に整えます。
 

巻き爪・陥入爪


原因として先の細い靴で圧迫されたり、深爪、斜め切りや、指の傷などによる爪母や爪床の障害、爪白癬、肥満などです。

<施術法>
ゾンデで爪の表面、巻いている部分もきれいに角質を取り除き皮膚と爪を分ける。爪が厚くなっているところはグラインダーで削り健康な爪の形になるように整えます。伸びている爪をニッパーで垂直切りにして巻きの状態で、繊維を皮膚と爪の間に挟み、痛みの軽減を図ります。
巻き爪の矯正をご希望の方は、爪と痛みの状態によりますが、超弾性ワイヤー、B/Sテープで矯正をいたします。(材料費などは別料金になります)
 

魚の目・たこ

 
ハイヒールや足に合わない靴を履き続けたり、外反母趾になると足のアーチが崩れて足の筋肉が弱くなり、足裏の重心の位置が変わります。そうすると皮膚の角質層が中の組織を守ろうとして厚く堅くなったのがたこです。
 
<施術法>
ビューティフットやグラインダーを用いて固い表面を削り周りの皮膚と同じ高さにする。魚の目は真ん中の芯になっている部分を専用のフレーザーで削る。魚の目やたこの出来る場所や、原因を見つけて靴の選び方や歩き方のアドバイスをします。

前に戻る

サイトトップ
会社概要
お問い合わせ

天使のつめきり メディカルフットケア教室 横浜
横浜市西区楠町27-5 クリークビル 201号、202号
■横浜駅 西口 徒歩7分 ■TEL 045-312-3530
天使のつめきり PCサイト

〜 爪切り・フットケアは看護師が行います 〜
日本フットケア学会 会員
日本看護協会 会員

▲ページのトップへ
(c) 横浜のフットケア専門店 & 横浜のフットケアスクール メディカルフットケア 天使のつめきり